港区アラサー凡人新米ママ❤︎子連れお出かけ日記

★2017年10月生まれの息子との毎日をいかに楽しむか工夫の日々★

【番外編】一般的な主婦が月間走行距離100Kmを達成できた理由

こんにちは、ばばみどです★

コロナで自粛期間の間に運動不足解消のため散歩やジョギングを始めた方は多くいらっしゃるのではないかと思います

私もそのうちの1人ですが今回久しぶりに月間100kmを走ることができたので、ちょっとその理由について少しまとめてみます★

f:id:noopy326:20200629222512j:plain

 

ランニングと私

ランニングとの出会い

新入社員で入った会社はグループで1万5千人ほど従業員がいる大企業だったため、部活動活動も盛んでした

「走ろう会」というランニング活動をしている会があり、他部署の上司に「飲み会があるから来い」と呼ばれ右も左もわからないまま飲み会に参加。翌日挨拶に行くと「お前、タダ酒飲んでおしまいじゃねえよな?もちろん入るよな?」というザ体育会系なノリ。入るしかないですよね(笑)これが私とランニングとの出会いでした

ランニングと生活

当時住んでいた広島は川がとても多い地形でよく家の周りの川沿いの土手を走ったもので、休みの日は夫と宇品港まで(往復約10kmほど)走って朝開催されているマルシェで海を眺めながら軽くビールを飲んでみたり(←意味なくなるやつw)したものでした

東京に越して来てからも休日朝一で築地まで(約7kmほど)走って海鮮丼を食べて(←これも意味なくなるやつw)市場でお買い物して帰ったり、レインボーブリッジを走って渡ってお台場に行ってみたり、、、

そんな走ることが好きだった生活も子どもができてから全く無縁の生活に

まず自分の時間がとれない、そうしてしばらく私の生活から走ることがなくなりました

 

ランニング再開のきっかけ

ブログを初めてから利用を開始したTwitter

ここでは色々な方と繋がりができたのですが、その中でも朝ランをしているパパさんが多くとても刺激をうけました

いや待てよ?育児で時間がとれないのは言い訳じゃん?と気づき夫に相談

「え?走ればいいじゃん?てか太ったんだから走ろうよw」ということで新しいランニングシューズを買ってくれることに(笑)

一時話題となった厚底シューズ

「ナイキ ズームフライ3」

いざ走ってみても走りやすい!クッション性があるので足への負担も軽く感じ、長時間走り続けるとよく膝が痛くなっていたのですが、その現象が全くなくなりました★

さらに地面からの反発力により走っている感をより全身で感じることができテンションが上がる一足^^

オーダーで色や素材などを自分好みにカスタマイズできる世界に自分だけの一足で走ることもできるんですよ♬

 

具体的に変えたこと

長い前置き失礼いたしました

実際にやったことは日常生活の朝のルーティンを変えたこと

改善前

朝起きて夫がランニングして戻るまでのんびりとTwitterを開いておはようツイートにご挨拶して回る、息子が起きたら朝ごはんを準備して一緒に食べて身支度をする、、、

改善後

5:30〜6:00 起床、夫が先に朝ラン

6:00〜6:30 朝食の準備・息子の相手、夫の帰宅→シャワー

6:30〜7:00  息子と夫に朝食を出してランニングへ(30〜40分程度)

帰宅後、自分と息子の身支度等を済ませ息子のプリスクールへ送り出し

 

携帯を触る時間を朝の習慣から省いたことですね、ただそれだけです

 

他にもいろんな目標を定めて走ってみることもしました

目標は必ずしも距離だけでなく、タイムや場所、走って帰ってから食べるおやつ(←意味なくなるけどご褒美としてw)その日の気分で決めて達成感を味わえるように、モチベーション維持になることも工夫しました

 

まとめ

朝に走ることで体にエンジンがかかって気持ちよく活動できるのはもちろんですが、その日のスケジュールやタスクを整理でき(主婦とはいえ自営業の夫の手伝いを少ししています)頭を使う事をこの時間に同時にできるので、1日を効率的に過ごせるなと改めて感じさせてもらいました★

 

大前研一さんの名言

人間が変わる方法は3つしかない

  • ひとつ目は時間配分を変えること
  • ふたつ目は住む場所を変えること
  • 3つ目は付き合う人を変えること

どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的なのだ

 これに尽きます!!(笑)

 

読んでいただいてありがとうございます!

もし少しでもまたブログ覗いてみようかな〜と思っていただけたなら

読者登録・はてなブ・シェアや拡散していただけると嬉しいです❤︎

Twitterもぜひよろしくお願いします^^

ポチっと応援していただけると嬉しいです★

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村