港区アラサー凡人新米ママ❤︎子連れお出かけ日記

★2017年10月生まれの息子との毎日をいかに楽しむか工夫の日々★

グラノーラで簡単❤︎子どもとざくざく食感のビスコッティ作り★

こんにちは、ばばみどです❤︎

息子のスクールはおやつが持参となっているので、グラノーラでざくざく食感のビスコッティを一緒に作りました★

ビスコッティとは2度焼いたという言葉が言語となっている、イタリアの中部トスカーナ地方発祥の伝統菓子。

棒状に伸ばして焼いた生地を熱いうちにカットしてもう一度オーブンで焼く事でカリカリ食感になります^^

子どものおやつはもちろん、コーヒーや紅茶、ワインやアイスなどもよく合いますよ♪♪

グラノーラで作るビスコッティ

グラノーラ入りビスコッティ

 

材料と作り方

材料(約12個分)
  • ホットケーキミックス 100g
  • 好きなグラノーラ     80g
  • 卵            1個
  • オリーブオイル   大さじ1
  • 牛乳             大さじ1

グラノーラは今回自家製のものを使用★

作り方はこちら↓↓

www.kozure-odekake.net 

作り方
  1. 材料をよく混ぜる(HMは振った方がベター)
  2. 天板の上で1〜1.5cmの厚さの四角にならす
  3. 170度に予熱したオーブンで20分焼く
  4. 2㎝くらいの幅にカットして横向きに並べる
  5. 165度に下げたオーブンで15分焼いて完成
ビスコッティの作り方
ビスコッティの作りかた
ビスコッティの焼き方
工程2(左)工程4(真ん中、左)

 

3歳の息子の様子

息子はやはりちょこちょこ一緒にクッキングしているからか、作業も指示した事を上手にこなせるようになってきました♪

ただ粉をふるう作業は案の定まわりに散らばって粉が散乱してしまいましたが(^^;

これも想定の範囲内なので最初から掃除と片付けを覚悟していると大胆に汚れても気になりませんね!その分子どもが一生懸命頑張っている様子をしっかりフォローしてあげることができました★

ビスコッティを作る3歳児
ビスコッティをつくる子ども
ビスコッティ作り
黙々と作業してくれました♪

 

感想まとめ

早速翌日に持っていってお友達に「これぼくが作ったの!」とお話ししたところ「そうなの!?すごいねえ」と言ってもらえたようです✨

お友達に褒めてもらえるときっと自信に繋がった事だろうなぁ〜

子どもとお料理をすることにはたくさんのメリットがあります。

味覚・嗅覚・触覚・視覚・聴覚の五感を刺激することで脳が活性化され感性が磨かれていくことはもちろん、表現力や集中力、想像力や思考力も育んでくれます

料理する工程の中で小さな達成感や成功体験を得ることで自己肯定感にも繋がってきます。

今回息子は初めて家庭以外のお友達に褒めてもらえたという経験が少し彼を一歩成長させてくれたのではないかな!?

スクールは一旦夏休みに入りますが、夏休み期間中もいろんなお料理を一緒にやってみようと思います❤︎

七夕ご飯,七夕そうめん,ジュレそうめん

関係ないけど七夕に作った七夕ご飯❤︎

まだまだあるよ子どもと簡単クッキング集↓↓

www.kozure-odekake.net

www.kozure-odekake.net

www.kozure-odekake.net

読んでいただいてありがとうございます!

もし少しでもまたブログ覗いてみようかな〜と思っていただけたなら

読者登録・はてなブ・シェアや拡散していただけると嬉しいです❤︎

Twitterもぜひよろしくお願いします^^

ポチっと応援していただけると嬉しいです★

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村